特集

HOME > 特集 > AEROLIFE Interview ラジオパーソナリティ やまだひさし

AEROLIFE Interview

やまだひさし
angeeの回生充電は、僕にすごく力をくれる。 ラジオパーソナリティ やまだひさし×angee

中高生を中心に「自称カリスマエコ・DJ」として高い支持を集めているラジオパーソナリティのやまだひさしさん。
実はやまださんはエアロアシスタントのヘビーユーザー。
環境問題にも関心の高いやまださんにエアロアシスタントとのつきあい方についてお話を伺ってきました。

電動アシストに見えないデザインがいい。オシャレだよね。

—まず、やまださんとエアロアシスタントの出会いについて教えてくださいますか。

ファーストコンタクトは、スペースシャワーで担当していた、エコと音楽を結びつけた番組。そこでスタッフが発掘してきたのが、エアロアシスタントでした。

もともと僕は新しいモノ好きで、1997年頃にクルマの免許を持っていなかった母に、電動アシスト自転車をプレゼントしたことがあって。当時で13~14万円くらいしたかな。ただ、そんな高い買い物をしたのに、母はほとんどそれに乗らなかったようで、理由を聞いてみたら本体が重くて取り回しが大変だったことや、頻繁に充電をしなきゃいけない煩雑さがその原因みたいでした。つまり面倒だったわけなんですね。

そんなイメージもあって、それ以来僕自身も、電動アシスト自転車にはあんまりいいイメージは持ってなかったのですが、エアロアシスタントは良かった。

まず、電動アシストに見えないデザインがいい。オシャレだよね。それに回生機能。電気を使わない時は、電気を起こせる。その発想にやられたー!と。それで番組の収録中にもずっと「欲しい欲しい」と言ってました。

—やまださんはプライベートでも「angee」に乗っていらっしゃるそうですが。

うん。ラジオの番組を持ってるんで、スタジオまでの行き帰りにたまに利用してます。片道16キロくらいかな。普通の自転車だと、行きはともかく帰りがしんどいよね。タクシーに乗せて帰ってやろうかと思うくらい。その点angeeの回生充電は、僕にすごく力をくれる。行き帰り自転車で走りきった!って達成感も味わえるしね。

他の自転車を追い抜いて行く時は特に気持ちいいね。一見電動アシストに見えないから、坂道なんかで立ち漕ぎしてる人を座ったままスーッっと抜いていくと優越感が味わえる(笑)。

今まで1回だけangeeに乗ってる時に、同じ色のangeeとすれ違ったことがあるんだけど、その時はお互い「ニヤッ」と。「お前、わかってるな」って感じですよ。

番組のゲストに来るアーティストにもちょくちょく紹介してますがangeeの評判はいいですよ。
イベントに出演してくれたSOPHIAの松岡充さんなんて、入念にカタログチェックしてましたから。今度angeeでサイクリング対談でもしましょうかね。

今のエアロアシスタントは点数を付けるとすれば80点かな。

—従来の電動アシスト自転車とまったく異なるコンセプトのエアロアシスタントですが、日常の足として使うことに不安はありませんでしたか。

電池が切れた時の取り回しは少し心配でしたね。でも実際に乗ってみたら、普通の自転車と変わらない。そこは安心しました。ただ「回生充電機構」ってネーミングがちょっと堅くて、わかりにくいかな。下り坂で発電が始まる時にかかる抵抗がイヤって人がいるらしいけど、それは「回生充電」の意味が、しっかり伝わってないからじゃないかな。

やまだひさしさん写真

—やまださんと言えばエコロジーに関する取り組みでも有名ですが、エコ的な観点から見たエアロアシスタントの評価はいかがでしょう。

難しいことは分かってるけど、ペダルを漕ぐことでバッテリーが満タンになるような発電効率が理想的かなぁ~と。どこまで行っても家庭用電源が必要です、じゃ、エコな自転車とは言えないからね。エコ的な観点から見たらエアロアシスタントは「原付バイクに変わる乗り物」として位置づけた方がいいかもしれないですね。

—これからのエアロアシスタントに望むことがあれば教えてください。

もっとカスタムできるような工夫があるといいかなぁと。ギアやカギなどのオプションを選択式にするとか、自分の好みの色で塗装できるとか。

今のエアロアシスタントは点数を付けるとすれば80点かな。やっぱり回生充電っていう他の電動アシストにない機能が分かりにくいんだよね。それが改善されたら、もっともっと普及もしていくんじゃないかな。

やまだ ひさし

Yamada Hisashi

  • WEBSITE

北海道生まれ TOKYO FMをキー局とする、JFN系列全国38局ネットプログラム「やまだひさしのラジアンリミテッドDX」(月-木/25:00-27:00)メインパーソナリティ。環境省主催の音楽と環境イベント「Re-style LIVE」でも総合演出・司会としても活躍。「カリスマエコ・DJ」として、高い支持を集めている。

出演中の番組
  • やまだひさしのラジアンリミテッドDX(ラジオ)
  • 素晴らしい世界(北海道テレビ放送)
出版
  • やまだひさしの日本縦断(エコ)アンリミテッド<ソニーマガジンズ>
エコ活動
  • チームマイナス6%の「低炭素社会づくり」対談
  • 環境省主催「Re-Style LIVE VOL.1~5」総合プロデュース
  • 「我が家の環境大臣任命」('05年6月)
  • 「うちエコ!」特命大使任命('08年1月)